海外に暮らしてみるとわかるのですが、ニュースを除いて、現地のテレビ番組を全くといっていいほど見ることがありません。やはり、日本のテレビ番組が恋しくなってしまうのです。特に日本のアニメを見ていた子供達は、急な環境の変化の中でも日本のテレビ番組が見れることで、とても安心するようです。
日本のテレビを見る方法はいくつかあります。NHKワールドはネット環境があれば見れますし、毎月の視聴契約をすれば、現地のケーブルテレビでも見ることは可能です。しかし、金額がなかなかのものですし、リアルタイムに見ることは困難です。
そんな我が家では、スリングボックス(Slingbox)という機器を利用しています。日本を出発する前にインターネットで見つけて実家に設置してきました。
その仕組みは、日本のTVチューナーにスリングボックスを接続し、シンガポールからスリングボックスを遠隔操作して、日本の番組を視るという方法です。我が家は実家にあまり迷惑を掛けたくないので、スリングボックス専用のDVDレコーダーを購入して利用しています。これで、番組予約や録画、再生まで可能です。おかげさまで日本のニュースはチェックできますし、ドラマやお笑い、アニメも楽しめています。
探せばいろいろと方法があるものですね。

シンガポールブログ人気ランキング