星の飛行機

私は6年程前に空港の職場に勤務していたのですが、当時、子供に職場を見学させる企画があり、5歳だった娘が見学にやってきました。その時にちょうど滑走路から飛び立つスカイマークの機体を見て、娘が言ったのが「星の飛行機」という言葉でした。
ニュースでは、スカイマークがエアバス社からのA380型機6機の購入契約を解除されたとの報道がされています。スカイマークにとっては非常に厳しい状況だと思います。なんせ1機約400億円もする機体を6機も購入する大型契約でしたし、前払金もすでに265億円を払い込んでいるそうです。(前払金は返還されな可能性が高いそうです。)
当初は2機を購入する契約内容だったのですが、それがいっきに6機に増えた時に、正直大丈夫なのかなと思いました。全日空や日本航空でさえ購入していない機体なのです。あれだけの大きな機体を運行することや整備することは並大抵のことではありません。日本では受け入れ可能な空港も数が限られています。
私はスカイマークが登場したことで、日本の空の価格競争が始まり、飛行機が身近な乗り物になったと思っています。いろいろと話題には尽きない会社ですが、大きな貢献を果たした会社でもあるのです。
現在の状況は非常に厳しいですが、何とか踏ん張って欲しいです。

シンガポールブログ人気ランキング