18日のFOMCの金融緩和継続の決定以降、先進国の株式市場が値を下げています。
世界の投資家は、FOMCで金融緩和を続けるにしても、金利を引き上げるにしても、イエレン議長に一定の方向性を与えるメッセージを出してくれることを期待していたと思うのですが、そのコメントからは、ますます利上げ時期を予想することが難しくなった印象で今後も株式市場の混乱は続くと見ています。
現在の市場を取り巻く環境下では、株価の動向を予想することは専門家でも難しく、積極的にリスクを取りにく投資家は少ないのではないでしょうか。
ジム・ロジャースさんも最近インタビューで、「日本株を全部売ってしまった」と発言していますね。ジムさんの例は少し極端かもしれませんが、個人的には、ジムさんの意見を頭の片隅に置いておきたいと思っています。

ジム・ロジャース氏の記事

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ