先日、前々から書きたいと思っていた「エンディングノート」を書いてみました。
以前から、書くためのノートを探していたのですが、なかなか良いものに出会えず、知り合いのFPの方に教えていただいて、やっと良いノートを手に入れることができました。
実際にノートを書き進めてみると、「人生の最後を迎えること」を意識して書くためか、自分自身がこれから何をしたいのか?残りの人生で何ができるのか?を考える手助けになってくれて、頭の中がクリアーになっていくのがわかります。
お葬式のことやお墓のこと、呼んでほしい友達などは、実際にノートを書いてみないと、まず考えもしない事柄ですし、保有している資産のことや銀行口座の情報、加入している保険のことなどは、残された家族にとってはとても大事な情報ですが、実際にはしっかりと伝えきれていない人も多いのではないかと思います。もし、それらの情報が伝えられずに突然死んでしまったら、残された人達には大変な苦労が伴うことでしょう。
良く考えられていると思ったのは、ノートの中に、「身じまいリスト」という項目があって、処分してほしいものとその処分方法を書いて残すことが出来ることです。おそらく残された人にとっては、故人が残した物の処分方法はとても判断が難しいのではないかと思います。
「遺言書」といったら、少し堅苦しく、大げさな感じがしますが、エンディングノートであれば、いつでも加筆修正が出来ますし、心理的に書くハードルは下がります。私が感じた一番のメリットは、今までの人生を振り返って、こころの棚卸が出来た気分になれることだと思います。

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ