Multilingualism(多言語使用または多言語主義)という言葉を聞かれことがあるでしょうか。
私もバイリンガルという言葉はよく聞きますが、Multilingualismという言葉の意味がいまいちピンときていませんでした。
先日、子供達が通う学校で、アメリカで Multilingualism の効用を40年間に渡って研究されている方のお話しを聴く機会がありました。
子供に外国語を習得させたいと考えている親にとって、いつ頃から学習を始めさせたらよいのか?という問題は素朴な疑問としてあるのではないではないでしょうか。
その方のお話しでは、「早ければ早いほど良い」ということでした。なぜならば、小さい子供の脳はスポンジの様に言葉を吸収する力があり、特にヒアリングの能力が飛躍的に向上するからだそうです。ただし、第二外国語の学習を行う上で大切にしなければならないのは、母国語の学習も並行してしっかりと行うことだそうです。具体的には、毎日絵本を読んであげたり、積極的に「読む・書く・聞く」の練習を親がサポートしてあげたりすることが重要だと言われていました。
アメリカでは最近、6歳から第二外国語の学習を始める学校が増えているようで、特に中国語を第二外国語に選択する生徒が増えているそうです。英語と中国語を話すことができれば、コミュニケーション可能な人口が飛躍的に高まるため、当然の選択なのかもしれません。
また第二外国語を学ぶ効用は、言語の習得だけでは留まらず、創造力や記憶力、思考力を高める効用もあるそうです。そして、最も大切だと感じたのは、子供達が母国語ではない人達とコミュニケーションを取ろうとする意識を育てることが可能だということです。
2018年度に日本でも、小学校3年生から英語の授業が始まるようですが、子供達の英語の能力を伸ばすためには、もう少し早い段階から始めてもいいのではないかと思います。

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ