先日、子供達が通う学校で「United Nation parade」という催しがありました。
文字通り、学校に通う生徒たちがそれぞれの国に分かれてパレードを行うのですが、これが思いのほか父兄の観覧者が多くて盛り上がります。(特に欧米系の人達はこのようなイベントが大好きです。)
パレードではそれぞれの国の伝統衣装を身に付けて参加する生徒も多く(浴衣やチマチョゴリなど)、いかにもシンガポールらしく、国際的な雰囲気があります。ひとつの国で100人以上の生徒がいる国もあれば、たったひとりだけの国もあります。
現在通っている生徒たちの出身国は、何と82カ国もあるそうで、なかなかこれだけ多くの国籍の人達が集まる学校もないのではないかと思います。
パレードを見ていて感じたのですが、通っている生徒の多い順としては、中国、カナダ、日本、韓国、オーストラリア、イギリスといった感じで、世界のどこにいても「中国パワー」を感じずにはいられません。
去年と比べると、低学年の生徒達の中に日本人の生徒が明らかに増えたような気がします。語学が身に付きやすい年齢の時に、子供をインタナショナルスクールに通わせる方が最近特に増えているように思います。

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ