マイナス金利の影響で、銀行間では「住宅ローン金利の」引き下げ競争が始まっています。
私自身も、15年程前に自宅を購入し、日本を離れた2年前に売却をした経験がありますので、ある程度客観的な視点で、「買った方がいいのか」または「借りた方がいいのか」について考えることが出来るのではないかと思っています。
自宅を購入する場合、ある程度の頭金を確保した上で出来るだけ低利の融資(住宅ローン)を受けることは当然のことです。(購入することを前提としている方、または借り換えをする方たちにとっては今がチャンスなのかもしれません。)
考え方は人ぞれぞれですが、重要なのは、家を買うことが、それ以降のライフプランに大きな影響を与えるということをしっかりと自覚することです。(一度買ってしまえば後戻りするのは簡単ではありません。住宅ローンが払えなくなり、売却を余儀なくされる方が多いのも事実なのです。)
例えば、5000万円の家を、頭金1000万円、住宅ローン4000万円で購入したとします。 家を金融商品に置き換えて考えた場合、1000万円の元金に4倍のレバレッジを掛けて5000万円の投資をしたことと同じです。日本の場合、新築住宅は購入してすぐに売却をしたとしても、普通は少なくとも2割、3割は価格が下がります。これは、不動産投資としては明らかに失敗です。(これが、都心のワンルームマンションや収益物件であれば話は別です。)
自宅を購入する場合には、大きな借金を抱え、住宅ローンを払い続ける以上のメリットを買主が感じられるかどうかに掛かってきます。借家では、家庭菜園をしたり、家の増改築をしたりするのは難しいでしょうから、そのような趣味を優先される方は家を買った方が人生における満足度は高くなるかもしれません。
しかし、一方で現在の日本の住宅市場を俯瞰しておく必要があります。これからは、日本の人口は減少し、明らかに住宅が余ってきます。地方都市に行けば空き家問題はさらに深刻です。
そのような状況の中で、高いお金を払って新築住宅を買う必要があるのかどうか。これから先、中古住宅市場には、これまで以上に物件が供給されるでしょう。その時に、出来るだけ価格を抑えて購入し、リフォームをするといった選択もあるのではないでしょうか。そこで浮いたお金を、住宅以外の支出に振り向けることも可能になります。
三大都市圏では、住宅価格が高騰しています。特に首都圏では新築住宅の平均価格が5000万円以上になっています。住宅ローンの金利が低いから家の購入を検討する、というのではなく、その後のライフプランをしっかり考えた上で最良の選択をしていきたいものです。

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ