「海外投資」という言葉を聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。
「怪しい」「危険」「詐欺」など、ネガティブなイメージを待たれる方も多いでしょう。
実際に海外への投資によって大切な財産を失う人がいることも事実ですから、そのようなイメージを持たれる方がいても仕方がありません。
しかし海外投資のみならず、国内への投資でもリスクは付きものです。投資を行うのであれば、何に投資をしようともそのリスクについてしっかりと理解することが大切です。
皆さんは、「貯蓄」と「投資」のどちらを選ばれますか?
貯蓄と投資のどちらを選ぶかは、選ぶ人それぞれの「リスク許容度」によって違ってきます。
2016年3月末時点のある都市銀行の定期預金金利(1年)は0.010%となっています。定期預金であれば元本が保証されていますので額面上の金額が減ることはありません。仮に100万円を預けた場合には1年間の利子として100円を受け取ることができます。
しかし、もしその1年の間に物価が1%上昇した場合はどうなるでしょうか。同じ商品を1年後に買うためには101万円のお金が必要になります。定期預金に預けたとしても、100円しか増やすことができず、9,900円が不足することになるのです。
さて、それでは100万円を貯蓄ではなく投資に回した場合はどうでしょうか。100万円を預けて、仮に年間1%の利回りで運用することが出来れば1年後には101万円に増やすことが可能です。その場合には同様に物価が1%上昇したとしても1年前に買えたものを同じように買うことができます。
ただし、反対に運用がうまくいかなければ当然元本割れしてしまうことも考えられます。 そもそも投資をすることによって投資金額が元本割れし、それに耐えられないような人は投資をすることには向いていません。そのような方は投資より貯蓄を選択された方がよいでしょう。リスクを取らずにリターンを得ることなどありえないのですから。
FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ