今回は、日本の国民年金制度に関する大きな誤解についてお伝えします。

若い人達の間には、「国民年金を払っても、どうせ年金はもらえない」という思い込みにも近い考えを持つ人がいます。
実際に、国民年金の納付対象者のうち、約3割の人は納付をしていません。(下の表をご参照ください)
%e5%9b%bd%e6%b0%91%e5%b9%b4%e9%87%91%e7%b4%8d%e4%bb%98%e7%8e%87
(出典:厚生労働省発表資料)

それでは、そもそも国民年金はどのような制度なのでしょうか。
すこしおさらいをしてみます。

日本に住む(外国人を含む)20歳以上60歳未満の方は国民年金に加入することが義務づけられています。
(サラリーマンやその配偶者、公務員は厚生年金に加入することで自動的に加入者となります)

現在の国民年金保険料は、月額16,260円です。(年額195,120円)※平成28年5月時点

40年間すべて払い続けた場合の、国民年金受取額は、年間で780,100円です。(平成28年度)

それから、日本政府は、国民年金制度を維持するために2分の1の国庫負担をしています。
(この時点で加入していないことが損であることを気付かれる方もおられるでしょう。税金から国民年金制度を維持するために2分の1の負担をしているにもかかわらず、それを受け取る機会を自ら放棄している訳ですから)

次に、国民年金に加入することが得なのか損なのかを考えてみます。

国民年金は、昭和36年4月にスタートしました。

その当時に20歳だった人が60歳まで国民年金保険料を支払った場合の合計金額は約243万円です。
その方が支払った保険料の元を取るのに、いったいどれぐらいの期間が掛かったでしょうか。

答えは、約3年です。(28年度の年金額780,100円×3年=2,340,300円)

昭和36年に20歳だった人が40年間保険料を支払って、その後に20年間国民年金を受給したとすれば、現在の支給水準で計算しても約1,560万円が受給でき、6倍以上も受け取れる計算になります。

それでは、今の保険料と受給額で考えた場合はどうでしょうか。

例えば、今年から加入した20歳の人が60歳まで国民年金に加入した場合の保険料の合計は約780万円、その後、20年間受給した場合の受取額は約1,560万円です。(現在の水準のもとで計算したとしても、約2倍の年金を受け取れる計算になります。)
実際には、将来的に年金制度改革などで受給額が減額されることは見込まれますが、支払った保険料よりも受給額が少なくなるという状態は想定しにくいと考えます。

どう考えても加入した方が得だと思いませんか?

先日、法改正によって来年から年金受給資格を得るための保険料納付期間が25年から10年に短縮されることが決定しました。
もし納付期間が10年に満たない方がいたら、躊躇なく加入されるべきでしょうし、加入期間が満たされていて、現在は加入していないという方でも、出来る限り加入期間を伸ばすために加
入されることをおすすめします。

また、海外に住んでいても「任意加入」という制度で国民年金の保険料を支払う方法があります。もし、海外に住んでいて任意加入をされていない方は、加入されることをおすすめします。
※日本年金機構のHP
→http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140627-02.html

国民年金に限らず、世の中には「知らないことが最大の損失」ということが多々存在しています。

特に私のように、FPや行政書士などの実務を行っているとなおさら実感する機会が多いのです。

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ