広島県、岡山県の相続・遺言・経営支援・行政書士相談は、アドバンス経営法務事務所にお任せください!

遺言書作成サポート

  • HOME »
  • 遺言書作成サポート

「遺言」と「遺産分割協議書」作成サポート

「遺言書」作成サポート業務

遺言の必要性
遺言とは、生前における最後の意思をその人が亡くなった後も法律的に保護し、実現させるための制度です。 法的に有効な遺言書がある場合、相続人はその遺志に従わなければなりません。(遺言をするためには、満15歳以上で正常な判断能力を有する必要があります。)
自分の亡き後に、果たして家族が仲良く暮らして行ってくれるのか、財産は守って行ってくれるのか、など心配は尽きないでしょう。
そのような場合に、遺言書を作成することによって亡き後のトラブルを未然に防ぎます。


遺言書を作成した方が良い人】

遺言書がないために、故人の遺志がわからず、遺産をどう分けるかで残された家族間で争いが起こることが少なくありません。以下のような事柄に該当される場合は遺言書の作成をお勧めします。該当しない場合であっても、残された家族に思いを伝え、トラブルを未然に防ぐためにも遺言書の作成は有効です。
(1)子供がいない場合
(2)相続人がいない場合
(3)先妻の子と、後妻の子がいる場合
(4)認知した子供がいる場合
(5)内縁の妻や隠し子がいる場合
(6)再婚をして、連れ子がいる場合
(7)子供の嫁(夫)に財産を残したい場合
(8)財産を多く遺したい相続人がいる場合
(9)財産を遺したくない相続人がいる場合
(10)相続人の中に不明者がいる場合
(11)相続でもめる可能性が高い場合

 

【遺言の種類】

遺言書の種類には「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」があり、それぞれ以下のような違いがあります。

%e9%81%ba%e8%a8%80%e6%af%94%e8%bc%83


【公正証書遺言書作成サポートの流れ】

 【公正証書遺言とは】
公正証書遺言とは、証人2人以上の立ち合いのもとで、遺言者本人が口頭で述べた内容を公証人が書き取って、公正証書として作成するものです。
遺言者は、証人が同行した上で公証役場まで出向く必要がありますが、遺言者が病気などの場合には、公証人に自宅や病院まで来てもらうことも可能です。

(公正証書遺言に向いている人)
・遺言が無効になることを絶対に避けたい人
・遺言の内容が、迅速かつ確実に実施されることを希望する人
・家族の負担をできるだけ減らしたい人

【サポートの流れと料金】


(1)初回面談
遺言をされる方の状況や、遺言書の内容に関するご希望をお伺いします。

(2)相続人・不動産調査
遺言者に関する戸籍関係書類を取り寄せ、相続人の調査を行います。また、遺言書に正確に記載するために、不動産登記簿を取り寄せます。

(3)公正証書遺言書原案作成
遺言者のご希望と、相続人・不動産調査の結果を踏まえて、公正証書遺言の原案を作成します。その後、作成した原案をご確認いただきます。

(4)公証人役場との調整
作成した原案を元に、公正証書遺言書作成のための調整を公証人と行ないます。

(5)公正証書遺言書の作成
公証人役場に出向き、公正証書遺言書を作成します。
※公証人役場に出向けない場合は、公証人と訪問場所を調整します。

 

【公正証書遺言書作成サポートパック】

報酬:15万円(税別)+ 実費 (戸籍等調査関連費用、公証人役場手数料)

※公証人役場の手数料は「公証人手数料令」によって定められています。

 

 

「遺産分割協議書」作成サポート業務

遺産分割協議書
遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割協議で合意した内容を書面に取りまとめ、相続人全員の合意書として成立させる書類のことで、
①相続人全員の合意を明確にする
②後から起きうるトラブルを未然に防ぐ
③不動産や預貯金、株式等の名義変更を行う根拠となる
④相続税の申告書に添付する
などの効果があります。
つまり、遺言書がない場合には、遺産分割協議書が「不動産の相続登記」「預貯金や株式・自動車の名義変更」に必須であるため、財産を処理する場合には遺産分割協議書の作成が避けては通れません。

遺産分割協議書の作成方法】

遺産分割協議書の作成には、財産調査によって分割する財産を特定し、相続人全員が実印で押印して印鑑証明書を添付する必要があります。
遺産分割協議書の作成方法に決まった方法はなく、遺産の中に不動産がたくさんあったとしても、ある不動産だけを相続人の誰かが相続すると決めることも可能です。(相続人全員の合意があれば自由に決められるます。)
しかし実際には、相続人全員の合意というものが難しい場合があります。遺産分割協議書は、相続人全員(法定相続人)が合意しないと効力がないので、後から隠し子が出てきたという場合には遺産分割協議は最初から直しとなります。
つまり、しっかりとした戸籍調査や財産調査を行うことで、有効な遺産分割協議書が作成できるのです。

 

【サポートの流れと料金】


(1)初回面談
遺産分割協議される方々の状況や、分割する財産の内容に関するお話しをお伺いします。

(2)相続人・不動産調査
被相続人に関する戸籍関係書類を取り寄せ、相続人の調査を行います。また、遺産分割する財産に関する調査を行います。

(3)遺産分割協議書の作成
相続人の遺産分割協議の結果と、相続人・不動産調査の結果を踏まえて、遺産分割協議書を作成します。その後、作成した遺産分割協議書をご確認いただきます。

 

【遺産分割協議書作成サポートパック】

報酬:12万円(税別)+ 実費 (戸籍等調査関連費用)

 

 

お気軽にご相談・お問い合わせください TEL (084)922-1658 9:00-19:00(土日祝日のご相談も承ります)

PAGETOP
Copyright © アドバンス経営法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.