広島県、岡山県の相続・遺言・経営支援・行政書士相談は、アドバンス経営法務事務所にお任せください!

相続手続き

  • HOME »
  • 相続手続き

相続手続き全体の流れ

相続手続きの流れ

・相続の開始

・遺言書の有無の確認と相続財産の調査

・遺言書が有る場合は、遺言どおりに預貯金や不動産名義の変更手続き
・遺言書が無い場合は、遺産分割協議書を作成した上で相続の手続き

・相続税の申告と納付※申告が必要な場合
(相続開始から10ケ月以内)

相続手続きをスムーズに進めるためには、全体の流れを把握した上でひとつひとつを確実に行うことが大切です。

相続手続きは何度も経験するものではありませんから、何をどのように進めていったらよいのか戸惑う人が多いと思います。まずは手続きの全体像を把握した上で、どんなことを、いつまでに行うのかをおさえましょう。
また、相続手続きの最終目標は、故人が亡くなってから10か月後の相続税の申告です。相続税のかからないケースでは、不動産の登記をはじめとする財産の名義変更がゴールとなります。
10ケ月という期間は、長いようでいて、あっという間に過ぎていってしまいます。相続手続きの多くは相続人の共同作業になりますので、何事も早め早めに着手し、時間と心に余裕を持って行いましょう。

相続手続きのポイントとなる4つの期限

相続の手続きのなかには、法律で期限の定められたものがあります。
(1)相続開始から7日以内の死亡届
(2)3か月以内の相続放棄
(3)4か月以内の準確定申告
(4)10か月後の相続税の申告
特に
、相続放棄の3か月という期限はとても重要です。うっかり忘れてしまうと取り返しのつかない事態にもなりかねませんので注意が必要です。

そして、相続がスムーズに行くかどうかの最大のカギを握るのが、遺産分割です。遺産分割の話し合いが揉めると、場合によっては解決までに数年の年月がかかることもあります。単純な話ではありませんが、お互いの立場を思いあい、全員で協力して進めたいものです。

お気軽にご相談・お問い合わせください TEL (084)922-1658 9:00-19:00(土日祝日のご相談も承ります)

PAGETOP
Copyright © アドバンス経営法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.