現在、年金を受給するためには最低25年間国民年金に加入することが必要となっていますが、これまでは25年の加入資格にひと月でも足りないだけで、年金を受給をすることが出来ませんでした。
そのような年金制度の下、近年、年金が受け取れずに老後の生活に困窮する人達が大幅に増加しており、生活保護を受給している世帯は過去最高を更新しています。

生活保護を受給している世帯の内訳を見てみると、65歳以上の「高齢者世帯」が全体の約半数を超える83万4621世帯となっており、このうちの90%以上を1人暮らしの世帯が占めている状況です。

このように生活に困窮する高齢者が増えてゆく中で、政府は年金が受け取れない人達を減らすために、受給資格を得られる加入期間を25年から10年に短縮する法案を国会に提出し、今国会で成立する見込みとなりました。
この法改正によって、来年の10月からは、新たに約64万人が年金を受給できるようになるようです。

今回のニュースは、給付を新たに受けることが出来るようになる方だけではなく、将来的に25年には満たない中で国民年金に加入されている方にとっても朗報です。仮に将来的に加入期間が25年に満たない方でも、10年の加入期間を目指して掛け金を払い続けることで、無年金になることを避けることが可能です。

確定拠出年金や相続手続き、遺言に関するご相談は、アドバンス経営法務事務所にお気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村