行政書士の永柄正智です。

老後の備えは確定拠出年金だけではなく「NISA」も選択肢になります。

今年から「つみたてNISA」が始まりましたが、これまでのNISAとつみたてNISAのどちらを選んだらいいのかを迷っていらっしゃる方が多いようです。(以下、これまでのNISAのことを「一般NISA」と表現します)

今回は、それぞれの制度の違いと、選び方についてご説明したいと思います。

[「つみたてNISA」と「一般NISA」の違い]
NISAに加入する場合、つみたてNISAと一般NISAのどちらか一方を選択する必要があります。

一般NISAは、年間に投資をすることが出来る上限額が120万円で、その投資から得られた利益の非課税期間が5年間という制度となっています。(5年間で最大600万円の投資が可能)
※5年後にNISAで投資した資産を次の新しい5年間のNISA枠への繰越することが可能ですが、話が複雑になりますのでここでは割愛します

一方で、つみたてNISAは年間の投資上限額が40万円で、投資から得られた利益への非課税期間が20年間となっています。(20年間で最大800万円の投資が可能)

文字通り20年間をかけてこつこつと積立投資をしていくイメージですね。

これまでの一般NISAが、どちらかと言えば投資に慣れた方を対象にしているのに対して、つみたてNISAは投資の初心者の方でも始めやすい制度となっている印象です。

[どちらの制度が向いるのかをしっかりと考えることが大切]
例えば、これまでも積立預金などをされてきた方で、今後、投資も始めたいと考えられている方は、つみたてNISAの方が向いているかもしれません。

といいますのも、投資の利益に対して20年間の非課税期間が得られるつみたてNISAは、長期的な資産形成に向いた制度となっているからです。

それに対して、一般NISAは、比較的に中長期(5年から10年)の資産形成に向いている制度と言えます。

さらに、ふたつのNISA制度以外にも、将来の老後に備えるための制度としてイデコ(個人型確定拠出年金)があります。

それぞれの制度の特徴とメリットを踏まえた上で、どの制度がご自身に合っているのかをしっかりと検討した上で、加入される制度を選ばれるのが良いのではないでしょうか。

なお、税制面の優遇措置がそれぞれの制度でことなりますので、下の表を参考にしてみてください。