2年連続で広島カープがセントラル・リーグを制覇しました。

カープファン一筋35年。山本浩二さん、衣笠さん、北別府さんが活躍していた時以上の圧倒的な強さでした。

4番を打っていた鈴木誠也選手が負傷した後も、代わりに4番に座った松山選手がそれ以上の活躍をみせる、分厚い選手層が強さの要因だったと思います。

いまの広島カープを見ていると人材育成の大切さを実感します。
カープで活躍している主軸選手の中には他球団から移籍してきた選手はおらず、自前の人材育成で選手達を作り上げています。そして、選手の球団に対する愛情と、広島カープファンのカープに対する愛情が強いチームを作り上げています。

資金力も大切ですが、組織力や団結力、モチベーションを兼ね備えたチームが結果を残せることを証明してくれた良い例だと思います。
(関連記事)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000010-asahi-spo

また、黒田選手のカープに対する「地元愛」や「男気」もローカル球団ならでは魅力ですが、それに加えてマツダスタジアムの観客の一体感は、市民球団「広島カープ」ならではの魅力です。

今年こそは、ぜひ日本一を期待しています。

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ