行政書士の永柄正智です。

今年の5月29日から、「法定相続情報証明制度」が始まりました。
この制度は、相続手続きをする場合に、これまでは「相続関係説明図」とその根拠となる戸籍や除籍など一式を法務局などに提出する必要がありましたが、法務局に相続関係説明図の内容を証明してもらうことで(無料で証明書を発行してもらえる)、スムーズに相続手続きが進められるというものです。

たとえば相続の発生によって銀行口座が凍結された場合でも、法定相続情報証明書を提出することによって、戸籍等の原本を提出することなく手続きが進めてもらえます。(複数の銀行口座がある場合には複数の証明書を発行してもらうことで並行して手続きを進めることが可能です)

行政書士として実務を行う場合にも、複数の名義変更を同時並行で進めていく場合に、大いに助かる制度ですし、無料というのがありがたいですね。

確定拠出年金や相続手続き、遺言に関するご相談は、アドバンス経営法務事務所にお気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村