シティバンクが、日本国内の個人向けサービスから撤退を検討しているようです。
私も外資系金融機関のメリットを活かすつもりで数年前にシティバンクの口座を開設したのですが、預金をしている以外は全くといっていいほど活用していません。
外資系金融機関に口座を開くメリットとしては、いくつか理由があると思うのですが、シティバンクのサービスについては、そのメリットがほとんど見当たりません。
私が現在最も利用しているシンガポール3大銀行のひとつ、OCBC(オーバーシーズ・チャイニーズ銀行)は、通貨間を移動させる時の為替手数料が非常に低く、ネットバンキングの操作も非常にわかりやすのでたいへん重宝しています。口座を保有していることのメリットを利用者が感じないことには銀行が生き残っていくことは難しいと思います。
シティバンクで円からドルに換金するときの手数料は1ドルにつき1円、往復で2円もかかります。邦銀が行っているサービスと同様のサービスを行っていては、わざわざ外資系金融機関に口座を開設する人はいないでしょう。また、わざわざ電話を掛けてきて金融商品の販売を勧誘していてはさらにお客さんは離れていってしまします。HSBC(香港上海銀行)も日本から早々と撤退していますし、外資系金融機関にとっては何らかの特徴あるサービスをしていかないと日本での個人向けサービスは難しいかもしれません。
シティバンクは邦銀に対して営業譲渡を打診しているようですので、私自身の口座の行方も気になるところですが、今回のニュースは大事なお金を預ける銀行の選択の重要性を知るよい機会になりました。

シンガポールブログ人気ランキング