今年は金融庁の報告書を端に発した「老後2000万円問題」が議論を呼び、2019年はいい意味で投資が注目された年になりました。元号も平成から令和に変わりましたが、投資に関しても大きな変化の年になったのではないでしょうか。
金融庁の報告書が提示したのは、老後を迎えるにあたって 2000万円程度の金融資産は保有しておいた方が好ましい、というものでしたが、FP相談をお受けする立場で言いますと、老後資金の準備は当然に意識しなければならないことだと思います。そうでなければ後々後悔することでしょう。
準備に必要な資金の多寡は家族構成や生活水準などにもよりますが、公的年金だけで老後の生活を賄える人はほんの一握りの方々だと思います。
この2000万円問題以降、iDecoの加入者が急激に増加したことを考えると、金融庁の報告書はとても意義のあるものだったのではないかと思います。(実際の報告書を見ても、とてもよく出来た報告書だと思いました)
今年ご相談の依頼をいただいた方々とお話をしていて感じたことは、巷には信頼できる資産運用の情報が圧倒的に少ないということです。情報を得ること自体は難しくはないのですが、その情報が適切なのかどうか、正しいのか正しくないのかを判断するのは極めて困難で、表面的な情報だけで判断するのはとても危険だということです。
初めて方にとっては投資や資産運用のハードルは高いものだと思いますが、今回の税制改正では、確定拠出年金やNISAに関する制度が大幅に拡充されそうですので、まずはこれらの制度を使いこなすことで賢く資産運用を始めるみることをお勧めいたします。

(以下のような税制改正が予定されています)

ライフプランの考え方や制度の仕組みなどについて、どなたにでも解かりやすくご説明させていただきますので必要がございましたらお問い合わせください。
【サービス内容と料金はこちらをクリック】

FP TAKE OFF のホームページはこちら
ご相談やお問い合わせはこちらから
※初回のメール相談無料
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ